ベビー服の種類

「ベビー服」とひと言で言っても、肌着やウェアなど、種類はさまざま。新生児に着せる新生児服は短肌着、長肌着、コンビ肌着などの肌着のほか、ベビードレスやボディスーツ、そしてロンパースなどがあります。   ●短肌着 肌着の定番、短肌着。0~3ヶ月くらいまでの赤ちゃんが着る肌着の定番。着丈は腰までで、ひもで打ち合わせをするタイプが一般的です。裾が短めだから、各種ウエアや裾のある肌着を重ねてもOK。着せやすく、季節を問わないので、何かと重宝します。内側に2本、外側に2本の紐で打ち合わせてあり、赤ちゃんが寝たままでもお着替えが簡単。

●長肌着 短肌着の上に着せる肌着。短肌着を、足先まで隠れる丈にした肌着。長めなので、足まですっぽり包んでくれます。股がなく、スカート状になっているのが特長です。長肌着は、おむつ替えをする際に、スナップをはずす必要がなく便利!秋冬の寒い時期には、短肌着と合わせることもできます。春先や秋口であれば、短肌着+長肌着の組み合わせがいいでしょう。生まれた季節によっては、必要ではない場合もあります。

●コンビ肌着 0~6ヶ月くらいの赤ちゃんが着る股のある肌着。長肌着と同じように、短肌着の上に着せます。2つに分かれているから、足をバタバタさせても、はだけることはありません。また、暖かい時期なら、これ1枚でもOK。さらに寒い時期には、短肌着の上に重ね着することもできます。ただ、スナップボタンを留めなくてはならないため、おむつ確認などが若干手間という声もあります。

●ボディスーツ ボディスーツは股下部分をスナップで留める肌着。欧米ではボディスーツが肌着の主流となっています。0~24ヶ月くらいの長い期間で使えるアイテムです。 コンビ肌着同様、赤ちゃんが活発に動いても、動きを妨げません。また、スナップで留めるため、おなか出てしまう心配もないです。短肌着や長肌着、そしてコンビ肌着と違い、デザイン性に優れているものが多いのが特徴。

季節によって1枚で過ごしたり、他の肌着のように上にベビー服を着せてもいいです。また、欧米ではボディスーツをトップス代わりにし、下にパンツやスカートなどのボトムスを合わせるのが主流。 ●ロンパース ロンパースとはお腹の出ないつなぎです。股のところはVの丈で肌着に向いているものが多いです。また、カバーオールタイプのベビー服の中でも、肌着調にも利用できるものをロンパースと呼びます。(ただし、メーカーにより差があり、カバーオールとほぼ同じものと捉えても大丈夫です)激しく動いてもはだけないので、比較的月齢が低い赤ちゃん向けのベビー服とされています。より新生児向けのカバーオールともいえますが、より6ヶ月以降が向いてます。 トップスとボトムがつながっているので、おなかが出てしまうことや、はだける心配がありません。海外メーカーの場合、股下部分がスナップなどになっていないものも多数ありますが、一般的には股下部分がスナップやボタン留めになっているものが多く、おむつ替えも簡単。