カルテの電子版を取り入れて効率化を図るメリットを教えます

現在新しく事業を始める病院のほとんどが、電子のカルテを導入しています。初めから導入するとシステムの構築は容易ですので、取り入れる病院は多いでしょう。しかし、紙のカルテから電子のカルテに移行することは、思い切りが必要になってきます。様々な労力がかかりますがそれでも電子に替えることで、業務の効率化を図れる数多くのメリットが存在します。紙のカルテでは、保管場所のスペースが大量に必要になります。また、紛失したりカルテを探す時間が掛かりすぎる欠点もあります。過去の治療内容が明確にされていなかったり、最悪手書きの字が読めず確認に手間取り治療が遅れるということになりかねません。しかし、電子のカルテを導入することで、それらの苦労から解き放たれ、業務の効率化を図ることができます。

電子のカルテを使用することで可能になること

電子のカルテは、さまざまな情報を管理することができます。医師の記憶だけで対応するのではなく、確実な過去のデータが明確になります。患者のアレルギーの種類や血液型、過去の処方された薬を一覧で確認できます。また、ネットワークにつながる環境であれば端末のみでどこからでもアクセスすることがでる為、スピードのある対応が可能です。カルテの保管場所に悩む必要もありません。スペースがなくても大量の患者情報を保管し管理することができます。受付や会計の記録も一括して行うことができるので、ミスも少なく効率良く業務を行えます。医療現場ではスピードのある対応を求められます。電子のカルテにすることによって人為的ミスも少なくなり余裕が生まれその心の余裕がミスを無くします。電子のカルテを使用することで得られる利点は莫大なものとなります。

電子のカルテは診察以外のメリットが多い

また、電子のカルテは紙のカルテと比べて受付や予約業務の作業の軽減になるだけではなく、会計の時間短縮にもつながります。そうすることで、患者の待ち時間が少なくなり患者の満足度も良くなります。そして、医療情報提供書等の文書作成時間が大幅に軽減されます。診察以外の受付業務のみ見てもかなりの効率化が期待できます。診察時においてのデータ管理も容易で、検査結果なども一括管理し直接取り込むことができます。そして統一したフォームでデータ管理することにより、医師と看護師、事務員の連携が確実なものとなりトラブルや間違いを防ぐことができます。しかし、電子のカルテを使用するためには関係者全員がシステム操作になれる必要があります。システムだけが優秀でもそれを扱う人間の教育は今まで以上に確実に行わなければなりません。