紙ではない電子のカルテによる業務効率化を図る

電子カルテには多くのメリットがあります。紙のカルテとは違い患者の医療機関受診履歴や既往症などのデータを一目で確認できたり、医師の指示を確実に行ったか確認しながら業務を進めることが可能だったり、カルテ保管のためのスペース縮小や文字の判別が容易であること、カルテを探す手間や時間の短縮、受付から会計、データの記録と保存まで一括して行う事ができることが挙げられます。医療現場では素早い行動が必要不可欠ですが、常に業務に追われている事が多く、人為的ミスが発生しやすいです。しかし電子カルテでは、医療ミスを起こさせない為に医療従事者に配慮した設計がされています。電子カルテを使う事で業務がスムーズに素早く行えるだけではなく、患者の待ち時間短縮になり、満足度を高めることにもつながります。

電子カルテで変わった医療現場の様子

紙のカルテから電子カルテに変わったことで医療現場には様々な変化が起こりました。1つ目は電子化する事により情報整理が大幅にしやすくなったことです。従来手書きであったカルテは文字の判別がしづらく、読み取るだけでも時間を要していましたが、電子カルテはこういったことを防ぎ、認識率を上げることができます。また、画像やグラフなどを使う事で誰でも絞り込んで検索できるようにもなります。2つ目は管理効率の向上です。紙媒体とは違い、物理的に管理する必要が無いので大量に長期間保存する収納スペースの省略や、紛失などのリスクを防ぐ事ができます。3つ目はデータを共有する事でより精密は診療ができるようになった事です。医療機関内の各部門で情報を共有する事により、薬の重複併用を避けるなどを素早く判断する事ができ、受付や予約システムと連動させれば、患者の待ち時間短縮、院内感染のリスク低下にもつながります。

種類別にみる電子カルテのメリット

電子カルテと一言で言っても様々な種類があります。その種類ごとではどんなメリットがあるのでしょうか。まずは医事一体型電子カルテです。この電子カルテはレセコンとの連携がデータベース内で完結する為、電子カルテに入力したデータがそのままレセコンに反映されます。そのため、診察室で診療点数をリアルタイムで把握することができます。次に医事連動型電子カルテです。電子カルテとレセコンが独立していて、電子カルテの入力データというのは、入力の都度レセコンに保存されます。連動型は状況に応じてレセコンなどをバージョンアップ可能なので、医院に合ったシステムを組み合わせて使うことができるのが大きな特徴です。最後にクラウド型電子カルテです。近年登場した新しい技術を使った電子カルテで、場所を問わず閲覧できる等、今までにないメリットがあります。