紙のカルテとは全く異なる電子版を取り入れる利点を教えます

病院などで必要不可欠なのがカルテです。患者さんの情報や既往歴などが細かく書いてあります。昔は紙のカルテが主流でした。紙カルテを使うことで電子カルテを使うよりもメリットがあることもあります。パソコンやシステムの不具合や停電が起きた時など緊急の時にも左右されません。また管理コストもかかりませんですがデメリットとして患者さんに一人につき1冊なので、複数の人が見たいときに見ることが出来ないことやカルテとレントゲンや検査結果の保管場所の確保などが必要になります。では電子カルテはというと、保管場所もいらず、データとして残すので複数のパソコンから見ることもできますし運搬などの必要もなく診療後から会計までの時間も短縮することが出来ます。また診療データのほかにもレントゲン画像や検査結果なども添付しておくことが出来るのです。

電子カルテを使用することでのデメリット

電子カルテの普及率は年々増えていますがやはりまだ全体的に普及していないのが現状です。昔ながらのやり方を変えることはそれなりに労力や時間を使うことになりますが紙カルテとは違い電子カルテを使用するということでパソコンなど機器類の故障や停電時などの問題があります。そのようなことが起こるとすべて見ることも使うこともできなくなるのです。そのため診療も止まってしまうので病院としては大ダメージでしょう。また不正アクセスやウイルス感染などによる情報漏洩が起こる可能性などもデメリットなのです。導入コストや使用方法を覚えることなど初めは大変なことも多いとは思いますが電子カルテを使うことで業務効率が上がり患者さんの待ち時間の軽減や内容の判読不能ミスもへり人為的ミスの軽減もすることが出来るので働く側、患者さん側にとってはいいことも多いのです。

電子カルテの使い方は簡単で難しくありません。

電子カルテを使うにあたり、ある程度の慣れは必要なので初めは練習など覚えるまでの時間は使いますが、サポート機能がついていたりするので使用方法はさほど難しくありません。入力の軽減を図るためにテンプレートの登録が出来るのでよく使う文などを登録しているだけで簡単に入力することが可能なのです。テンプレートにチェック項目などを作って起き必要なときボタン一つでチェック項目をだしチェックしていくなどまた同じ内容だったときにコピーして移し書くこともできるので入力の手間が省けるでしょう。そして人により文字はさまざまなので読み間違いなど人為的なミスの軽減にもつながります。最近ではタッチパネル機能を使えるものや音声入力が出来るものもあるのでパソコンでの入力が苦手な方でも使うことが簡単になりました。